お金を増やす方法に無駄なものを買わない

お金を増やす方法に無駄なものを買わない
NAVI

個人投資家がお金を増やす方法として少額投資非課税制度の活用を

来年1月から、証券投資の際の株式譲渡益や配当に掛かってくる税率が10%から20%に引き上げられることになっています。

しかし、同時に証券投資において税金が免除される少額投資非課税制度も始まります。
個人投資家などは、一つの口座に限り1年間で100万円までの投資であれば、税金が掛からなくすむようになってきます。
そのため、個人投資家として、お金を増やすためには少額投資非課税口座を作って運用しない手はありません。少額投資非課税制度は、1年100万円までの投資を5年間行えることになるので、証券投資にはじっくりと時間を掛けて行うことも可能です。
例えば、インデックス型の投資信託などを少額ずつ投資をしていくことで、安定的にお金を増やしていくこともできると思います。

少額投資非課税制度では、投資を行ってから最大で10年間の株式などの譲渡益や配当金の課税がなくなってきます。
したがって、すぐに売却してしまう金融商品よりも長期で保有する金融商品を選びたいところです。
個別株式に投資をするにしても、今後の10年で確実に業績が伸びるような確実性の高い企業の株式を購入した方が良いと考えます。
10年間で企業の業績が伸びれば、10年後は株価も上昇してキャピタルゲイン課税の大幅な節約に繋がってくることが期待できます。
少額投資非課税制度によって少額の投資家であっても、将来のリターンを得る機会が提供されることになります。
したがって、個人投資家であれば少額投資非課税の口座は、開設しておいた方が良いと言えます。

人気のお金についての話はこのWEBサイトがおすすめですよ。

Copyright (C)2017お金を増やす方法に無駄なものを買わない.All rights reserved.